もうこのままでは生きていけない

30歳。女。会社員。一人暮らし。

明るい諦め

98円の野菜を4種類買い、3種類茹でに茹でる。

もっとゆっくりしたいのに、別に早くなくてもいいのに、がさがさして疲れた。

洗ってる間にお湯を沸かして、茹でてる間に次のを洗って、ザルにあげて、お湯沸かして、次のお湯に入れて、ザルにあるのを切って絞って、、、、この~してる間に他の事をするのが疲れるなぁ。と思いながらやらずにいられない。

昨日本を読んで洗われた心はどこにいったの。

死後の世界を信じて気軽になった気持ちはどこへいったの。

死ぬとき好きな人が迎えにきてくれるんだから大丈夫。

死ぬのを前提に生きてればいいんだから大丈夫。

ああ気が楽になった。

広告を非表示にする

急須を買おう

体調がよくなるやいなやポジティブに。

精のつけどきだと仕事帰りに鰻屋へ。

お茶のおかわりに、とあらかじめ置かれる急須。大きい急須の安定感よ。お湯を継ぎ足さなくてもまだまだお茶のある安心感。

安定感は安心感。

そうだ。大きい急須を買おう。

ポジティブ。

広告を非表示にする

明日への抱負

頭が痛く 顔が熱くて 膝に力が入らなくて 横になりたい。

体調どう?よくなった?と言われて、こう答えたらどうなるか。

どうもならないだろうけど相手に悪いわ。

元気な振りをしなくなっただけ大人になったと思う。

少し部屋を掃除したら浄化された気がする。

明日は落ち込まないで生きたい。

 

広告を非表示にする

あたしお母さんじゃないから

あたしお母さんじゃないけど

別に主張はないんです

あたしお母さんじゃないけど

わざとこうしてるんじゃないんです

あたしお母さんじゃないから

親が不満に思ってるの知ってます

あたしお母さんじゃないから

自分でも情けなく思います

 

真剣に生きてきました

いい娘でいい孫で

いい学生でいい会社員で

でもそんなの意味ないんなら

もっと早く教えてほしかった

結婚して子供産まなくちゃ

いくら頑張ったって意味ないよって

それをしなくちゃ

いい娘になれないって知らなかった

 

あたしお母さんでも奥さんでもないから

自分のことしか考えてないんです

あたしお母さんでも奥さんでもないから

気楽で苦労してないんです

 

そうですそうです

おっしゃる通りです

 

選んでるからだめなんだ

妥協しないとだめだぞ

性格に問題あるんじゃないか

産めなくなったらどうするの

後から後悔しても遅いのよ

わかりますわかります

おっしゃる通りです

 

お母さんの育て方が悪かったのね

どうしてそんなこと言うの

わたしの育ち方が悪かったの

 

知らなかったから

結婚して子供産まなくちゃ 

こんなに悪く言われるって知らなかったから

 

あたしがお母さんでも奥さんでもないから

 

 

 

 

 

何度も同じ死に方をしている

この半年あまり。

思考のループという意味でも死んでいるけど、夢の中でも何かというとすぐ死にかけている。

完全に死んだ夢もあった。

 

もうそろそろ出る時だ。

嫌なことはしない。

嫌じゃないことまで嫌に感じてきた。

 

気がすすまなければ付き合わない。

もう俗っぽい会話をしたくない。

 

必要最低限以上の俗っぽい会話は、自分をすり減らしている。

なるべく美しいもの、快いものに関する会話で切り抜けていきたい。

もしくは真剣に辛いことか。

 

どうでもいいこと、ひがみ、ねたみ、自尊心の補強、自慢、不安、そういうものの吐き出し口にしないでください。

引き取りません。

そこに私はいません。

 

私がブラタモリを好きな理由3

⑤間のアニメーションがすき

タモダンスっていうんですかね。

言わないだろうけど。

いかにもタモリさんが上手そうなダンスじゃないですか。

スタッフの中に実写をもくろんでる人いるでしょうね。

ある日突然実写版にするの。一日だけ。

NHKっぽいね!

⑥テーマがざっとしてる

タモテバコのテーマですけど、ナントカの町ドコドコはどうしてできたか?、とか、ナントカの町がナニナニで栄えた理由は?とか。

どうにでもできますもんね!

間が全部無駄にならないですよね。

テーマをキチキチに決めると、途中のVTRも結論ありきになったりするじゃないですか。

最後のまとめでフリップ出たりしてさ。

箇条書きになったりしてさ。

要点まとめちゃってさ。

要は要はって言いながら全然要してないやつはいい加減恥ずかしいと思えよ。

恥ずかしながら要せてないなら許すけども。

「要は」じゃなくて、「俺が一番言いたいのは」、でしょうよ。

ああまた思いがけない日頃のあれこれが。

それはさておき、箇条書きフリップが無いのがいいですね。

タモリさんが口頭でざっと振り返るだけ。

ちょうどいいですね。

フリップは地図とか地形とか古文書ばっか。

いいですね。

私がブラタモリを好きな理由2

③人間関係関係ない

毎日毎日ねぇ、人間がどうしたこうしたってことばっかりねぇ、考えてられないんですよ。いや考えてんだけど。

どうでもいいんだよ!って感じにね、なるんですよ。どうでもよくないんだろうけどさ。

誰かこうした、誰がこう思ってる、誰が誰を気に入らない…うるせえ!

その点ブラタモリはね、崖とか、断層とか、温泉とか、城とか、古地図とか、個人の意向の入る余地がない。すっきり。変な根性論や精神論の入る余地がない。すっきり。

④近江アナになりたい

かわいいでしょう。ズバリ。

分かんない時の顔がいいでしょう。

タモリさんと専門家の方の話が分からない時の顔がいいでしょう。

あんなに、ただ単に「分からない」というだけの顔ができますか。

桑子アナもよかったですよ!二人とも好きですよ!

ただそういう場面では「分からない」「視聴者の方も分からないだろう。私が分からないという態度を出して説明を促そう」とか、

「分からない」「笑うことでタモリさんの知識の深さを、マニアックだなぁという雰囲気もこめてアシストしてみよう」

とかね!感じるでしょう。外向きの「分からない」ですよ。

近江アナは、「分からない」「知らない」「聞いたことない」。ザッツオール。

変な自意識があったら出来ないですよ。

分からない、知らないってことをそのまま出すのって、怖い可能性もあるでしょう。

なめられるとか、失望されるとか。

そんな余計なことを考えてないってことでしょう。

若くて東京配属ですからさぞ優秀でしょうに!なおかつ変な自意識がないって!!

つまり自分から遠く離れた在り方ですのでたいへん美しく見えると。

「知らない」ぽよよよん。