読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうこのままでは生きていけない

30歳。女。会社員。一人暮らし。

虫と同じ

明るいお店に立ったら少し楽しい感じがした。
印象的な話じゃなくて、物理的に明るい照明の下に立ったら、ちょっと気分があがった。
休みの日カーテン開けると楽しい。
光に向かって暮らしていきたい。

小学生のとき、カーテンと窓の間にはさまって、持ち込んだ枕に頭をのせて、日差しがあたたかくて、本を読みながら、こうして生きていきたいなと思ったのを、その一瞬の思ったことを、しょっちゅう思い出す。
小さい私、ごめん。
あったかくて明るくて静かなところでじっとしていたいんだよね。

広告を非表示にする

ぬけがら

完全に方向性を見失っている。

海なら難破。山なら遭難。

三日ぶりに風呂に入った。

誰にも顔向け出来ない気分。

早くチャネリングに行きたい。

広告を非表示にする

ママゴト 松村洋子

朝、ラインで飛び起きて、急遽出勤。

15時前においとまして、図書館へ。

松村洋子のママゴト、たまたま目につき、1巻を図書館で読み、続きを借りて、家に帰る。

泣きながら家事をして、2、3巻を読んで、号泣。

3巻で終わってよかった。それ以上は体力がもたない。

 

現実には何も考えたくない。何もかもがばかばかしくて、何も心が動かないように生きていきたい。

 

広告を非表示にする

かぼちゃ

大学の時ぜんぜん切れなくて、すっごく時間かけて切った。

今日は少し格闘してすぐチンした。

味付けでやや進歩あり。

10年でこんなもんか。

とにかく料理してるからまだまだ元気だな。

広告を非表示にする

誰とも喋りたくないけど

何かをただモフモフしたい。

こうして人は猫を飼うのね。

好調不調のバロメーター

いくつかあるんだろうけど。

仕事が終わってから、メニューを考えたくて、晩ごはんが作りたくなったら、好調。ていうかふつう。

何も考えられなかったら、お疲れ。

ていうか、逃げ恥、ネットで脳内補填してた方が、ダイナミック。

リアルの方が棒だわ。

 

休み

まったくの休み。それはそれはまったくの休み。

久しぶりで、うれしい。

とともに、うしろめたい。

まったくの休みを取れない様々の人を考えるとうしろめたい。

そんなの知らないし、関係ないし。

と思ってみても、自分の甲斐性の無さ、バイタリティの無さ、自己中心的な生き方、が、まったくの休みを希求してしまうのだと思うと、しっかりうしろめたい。

たかだか半日寝て、ランチに行き、風呂に行くだけで何がそんなにうしろめたいのか!

別に誰にも関係ないしいいじゃないの。

自分がそれだけの体力、気力しかない、社会的に何も成し遂げられない人間だということと直面すべきだ。

そしてしゅくしゅくと生きていこう。

広告を非表示にする